製品情報
製品情報一覧
会社概要
ショーシンEM株式会社
〒444-0241
愛知県岡崎市赤渋町蔵西1-14 ショーシンビル
TEL (0564) 54-1231
FAX (0564) 54-3207

ホログラフィック タイムラプス イメージング サイトメトリー(HoloMonitor M4)

CO2インキュベーター内で取得した細胞のタイムラプスデータを焦点深度が深い特徴を生かして、細胞本来の3D画像として表示することが出来ます。 また、低酸素実験も可能。 数値データとして取得した細胞の特性を特許のソフトを使用することで容易に解析することが出来ます。

視覚化して細胞のイベントを定量化する

CO2インキュベーター内で取得した細胞のタイムラプスデータを焦点深度が深い特徴を生かして、細胞本来の3D画像として表示することが出来ます。また、低酸素実験も可能。数値データとして取得した細胞の特性を特許のソフトを使用することで容易に解析することが出来ます。

 

効率の良い操作性と信頼性

蛍光染色を必要としないので、サンプルの作成は簡単で、セットアップは容易に行えます。新しい革新的な機器と直感的なソフトウェアにより、HoloMonitor M4の操作は簡単で信頼性の高いものになります。

 

細胞運動研究に理想的

画像は、高い時間分解能(最大画像速度:1画像/秒)で記録することが出来るので、重要な細胞のイベントは見逃しません。この高い時間分解能は、HoloMonitor M4の技術が、細胞増殖、運動、分裂、および細胞死などのプロセスの解明を明らかにするために重要です。

 

細胞に優しくインキュベータに適合

HoloMonitor M4アプリケーションは完全にラベルフリーです。培養細胞は、CO2インキュベーターまたは低酸素チャンバーの中で生理学的に最適な条件で連続的に撮影して分析することが出来ます。よって、標的薬物の効果が最良の条件で確認可能となります。

 

長期的な実験を可能にする

CO2インキュベータと互換性のある設計により、HoloMonitor M4システムは長期時間タイムラプス撮影に適しています。また、低強度のレーザーは、熱を発生させず、サンプルへの影響を最小限度に抑えることが出来ます。

仕様

標準仕様(試料ステージ:固定)

Microscopy technique     :   Holographic transmission microscopy
Camera                              :   1024× 1024 pixel CMOS
対物レンズ                         :   20× holographic
分解能                                :   1 µm
最大画像レート                  :   1 image/s
光源                                    :   635 nm   0.2mW 外部レーザーユニット
細胞の条件                        :   サポートされている培養容器
コンピュータ                     :   Windows 7-10 64-bit, 8GB RAM
サイズ(L × W × H)             :   290 × 170 × 185mm
重量                                    :   3.75 kg 

電動XYZステージ仕様

可動範囲                           :   100 × 70 × 10mm(最大移動範囲:375×260×185mm)
再現性                              :   5μm
サイズ(L × W × H)           :   290 × 200× 185mm
重量                                 :   5.15Kg

 

PAGE
TOP